あるがままに

2016121307140000
患者さんが自分でつくった短歌をみせてくれた。
すっごく感動して、いいなぁと思った。素敵だなと思った。

私は俳句と短歌の違いもわからない男ですが、もっとありのまま、あるがままに書いてみようと思った。

今朝は風が強くて、庭の木々が揺れています。
小枝も1本揺れ2本揺れ、葉っぱも同時に揺れ、なんか隣に伝えあいながら揺れているよう・・・

一瞬一瞬、もう2度とはないこの時を生きているということを教えてくれているような、そんな気がした。

暗い朝も、寒い朝もそんなに悪くないのかな。
今日もがんばろ。