私のできること

2016092707330000
図は厚生局が出している統計データを私が円グラフにしたもので、平成26年富山県の死因の割合です。

夜空の星みたいにある病気をあいてに肩を落とすことばかりですが、人のために町医者として自分に何ができるのかをいつも自分と相談しています。

①は癌です。なるべく早期に発見して専門医に紹介するのが私の仕事。
②は心疾患と脳血管です。これを起こさせないようにするのが私の仕事のメインです。
③は肺炎です。私は祖母を肺炎で亡くしたので、何をどうすれば良いかが手に取るようにわかっています。とにかく早く、そして短期間で治療することです。

本当は認知行動療法というカウンセリングが得意なので、そちらの仕事もしたいのですが、どうしても内科の仕事が中心となっています。

『むなしいこともあるけれど、満足なことだってある』
ブラック・ジャックの言葉を未だに私は信じていて、生涯追いかけるつもりです。