音楽への夢

2016051705540000
音楽の夢は消えました。

バイオリンでステージを開く夢は消えてしまったけれど、せめて待合室で心地よい、ほっとする音楽を聴いてもらおうと、昨日から東京の音楽専門業者の方々が来て、待合室の音響を整えてくれています。
グラムスラムという会社の方々です。

本当は大学時代から、音楽の才能はないことを知っていました。

でも先生が好きでやめられませんでした。
我ながら、なかなかの根性をしているなと思います。
だって、大学生ってみんな遊ぶものでしょう。
それを何かにとりつかれたように勉強し、楽器を弾いているんです。
妻は音大生だと勘違いしていました。
あれほど憧れて打ち込んだ音楽はもうできないけれど、悔いは全くありません。
素敵な時間をもらって本当に幸せでした。

西村先生、本当にありがとう。
先生のおかげで、10年間、バイオリンをすることができました。
本当に楽しかったです。どうもありがとう。