西川美和

nishikawa_photo[1]
私の大好きな映画監督です。

すべての作品を見ています。

今読んでいる彼女の文章から抜粋します。

結局人生を司るのは「立派な動機」よりも「小さな転機」の積み重ね。
思い出すだけでも胸の悪くなるようなことが、不本意でも後から振り返れば自分の人生の転機になっているということが多い。

自分の船出をみんなして旗を振るように送り出してくれるなんていうのは甘い夢でしかなく、
現実は懸命の船出準備の4月でした。(あ~、あと1ヶ月だ。いや、3週間かな?)

いつかきっと総合診療部でこうやって送り出してくれたおかげで、今があるんだと、そう思える日がいつか必ず来る。そう思っています。

だから今はとにかく前に進む。なにがあっても前に進む。絶対。