3度目の舟

i320
昨日の夜に、なぜか昔読んだ本のことを思い出していました。

小学生の頃、逸見さんの闘病記を繰り返し読みました。
百回は読んだと思います。
小学生の頃の愛読書でした。

思い出していた一節は、私の記憶によると、たしかこんな内容でした。
『男の人生には3度、舟が来る。男の人生は、その3回に大きな選択を迫られる。
私の人生を振り返ると、一度目はフジテレビに入社したこと。二度目はフジを退職しフリーになったこと。そして今、3度目の舟が来ていて、この胃がんと闘うことを決めた・・・』

私自身にも、幸運だったと思えることが、確かに3度あります。
一つ目は、医学部に受かり、医者になれたこと。
二つ目は、妻と結婚できたこと。彼女以外には私の妻は務まらなかったと思います。

そして三つ目は、この開業です。

あまり言うなといわれていますが、もし今日死んだとしても、あぁいい人生だったなと、心底思えるんです。

まぁ、まだ死なないから心配しないでね。誰も心配なんかしないか(笑)