ガロア

Evariste_galois
ガロア理論で有名な大天才数学者、ガロアです。

高校生の時に初めて買った参考書(黄チャート)の見開きページに紹介されていました。
その時に読んだきり、20年間忘れていたんですけど、今日読んだ本に出てきて、思い出したんです。

高校生の時に読んだ参考書で、ガロアは情熱的で早死にだったけど、素敵な人生を送ったと思うと紹介されていました。数学にも、恋人にも、桁外れな情熱をかたむけて、ピストルで撃たれて、20歳で死んだと。

今日読んだ本で、私のイメージは現実とかなり違っていました。
20歳でピストルで撃たれて死んだのは事実ですが、決闘で撃たれたんですね。

そしてその決闘になった理由が、ガロアが好きな人にアタックし、ふられ、そのことが招いた決闘だったんですね。

私のイメージ→現実
好きな人とは両想いだと思ってた→現実はめちゃめちゃな片思い
好きな人を守るために撃たれたと思ってた→現実はほとんど真逆
頭を撃ち抜かれ即死だと思ってた→腹に銃弾を受け、放置され、腹膜炎で死亡

言葉って遊びがあって、自分の中でのイメージと現実ってかなり違うこと、あるんですね(笑)

ガロアの人生がちょっと素敵だなと思えなくなってきました・・・