なんとしても

2[1]
『なんとしても』というのが好きです。

ダメでも、ダメでも、ダメでも、あきらめない。
何度でも立ち上がってぶつかっていく。祈るような想いで・・・

そんな姿勢が好きです。

なんとしても治す。
なんとしても伝える。

数値化や言語化のできない世界。

音の世界で言えば、大きさは大きさに負ける。速さは速さに負ける。
でも人の心をつかんだり動かしたりする音って、そんなものじゃない。

私が感動する音は『なんとしても』の気持ちを感じた時かもしれない・・・