あれから7年

20110318090803
もうあれから7年か・・・
長かったような、短かったような、よくわかりません。
でも1日1日、生きてきた。

あの日、まだ自分は若手の医師だった。ホープとか呼ばれていて少し勘違いもしていたかもしれない。
そんな時にあの日が訪れた。救急部にいた自分は、その夜9時、例外的に現地に出動となった。
第1班は気仙沼に行った。私の乗った第2班は福島に行った。

救命救急にあの3月にいたのは偶然。第二班に乗ったのも偶然。

人知を超えた運命のような偶然をあの日に感じます。
それに翻弄されながらも必死に生きてきました。
1日1日、生きてきた。
今日も1日。精一杯。
やれることをやる。それ以上でも、それ以下でもない。

若手とかホープとか呼ばれることはもうないけれども、今日も1日、自分のできる限りのことを、自分の精一杯を、やろうと思います。

さぁ、今日もがんばろう。