春一番

haruitikafun[1]
富山の地に、春一番が吹いたらしい。

毎年、春になるとさぁスタートだという気持ちになりますよね。

私は開業医になってから、大学病院に勤務していた頃には感じなかった気持ちに最近になって気づきました。
去年の春にも感じたし、今年は感じないのかと思ったら、ちゃんと感じました。

それは患者さんが来てくれなかったらどうしようという不安にも似た気持ちです。
そしてその「患者さんが自分のクリニックに来てくれるかな?」という開業当日に感じた、あの気持ちをいつまでも持っていたいんです。あの気持ちは忘れたくないです。

風をみたことはないけれど、風の音ならきくことができる。
心などみたことはないのだけれど、心は伝えられる。

さださんの歌にあった言葉だけれども、そのさださんがどうしてそんなに頑張れるんですか?という質問にモチベーションは借金ですと答えてましたが(笑)、私の最大のモチベーションは人を喜ばせたいという気持ちです。

もう今となってはいつかの春となってしまった開業初日。
2016年6月1日。

あの時この胸に吹いた風が今年も吹いてくれた。

昨日、富山に春一番が吹いたそう。患者さんが教えてくれた。
私にとっての春一番もちゃんと吹いてくれた。
うれしかった。