本当の全力疾走

IMG_5183
毎年この日が来ると思い出すことがあります。

私の祖母が亡くなった時のことです。
3/31の金曜日に亡くなったんですが、その前の週の金曜日と合わせて、2週連続で、金曜日に富山空港羽田空港→リムジンバス→柏というのをやったんです。

そして今日がまず一回目の帰省でした。(来週の金曜日が二回目ということです)
夕方に電話が入り、尿も出なくなり危篤だからすぐ帰ってきなと電話が入りました。もちろん、大急ぎで富山空港に行き、すぐに飛行機に飛び乗りました。飛行機を割引なしで乗ったのは後にも先にもこの時の2回だけです。

20:10発の便に乗り21:10に羽田につき、21:20発の柏行きのバスに乗りおくれて1時間待たされ、柏の病院に着いたのは23時半ころでした。

祖母はついたらすぐに「正浩か?」と言い、話ができました。その時が会話のできた最期となりました。

次の週、3/31の金曜日は亡くなったと夕方に連絡が入りました。また同じ20:10発の飛行機でした。前週に、羽田空港を本当の全力疾走をしていれば、あと1時間早くつけて、あと1時間、祖母と話ができたのにを悔やみまくっていた私は、飛行機から出たとたんに全力疾走を開始しました。
そのまま、わき目も振らずに羽田空港を駆け抜けました。

ぎりぎりで21:20発のバスに乗れました。もう一度あのときに戻れるなら、前後の週を逆にしたいです。

いまだにはじめの週の羽田空港で小走りじゃなくて本当の全力疾走をしなかったことを悔やんでいます。

まぁ、あの世に行った時にゆっくり話をしますから、もうちょっとこの世でがんばりますかねぇ。