卒業式

403
昨日、富山大学医学部は卒業式でした。

たくさんの晴れ着姿の卒業生がキャンパスに集まって写真をとっていました。

本当におめでとう。がんばってな。

私は自分の卒業式は欠席したので、何が行われているかはわからないんですよね(笑)
卒業式を欠席し、旅に出ました。

うまく伝えられない気がして文章にするのをやめようと思っていたのですが、やっぱり書いてみます。

たしか8日間くらいのツアーに一人で申し込んで、
それは、お年を召されたご婦人がたくさん参加しているツアーでした。

そこで私は卒業式なんかとは比べ物にならないくらい貴重な体験をさせてもらいました。

彼女たちは、人生の仕事は終えていて、楽しむことにとっても貪欲でした。
私はなぜか、彼女たちにスター扱いをうけて、ことあるごとに食事やお茶に誘われました。
たくさんおごってもらいました。

そこでなんともいえない感じをうけたんです。
人生はいつか終わる。
そして、彼女たちもそれはわかっていて、残された時間を一生懸命、楽しもうとしている。

はかなさ、せつなさ、いとおしさみたいな感じかなぁ・・・言葉にするとしたら。
とにかく感動とはまた違う、ぐっとくるような、泣きたくなるような、そんな感じをこのツアーでもらったんです。

どうしようもない、受け入れるしかない、人生の有限感を教えてくれました。

終わりを見据えていながら楽しもうとしている彼女たちは、同世代の人からはもらえないものを私にくれた気がします。

うまく伝わったかな?あんまり自信ないけど・・・

とにかく、あのツアーが私に何かを残していったことだけは確かです。

いまだにこの胸で生き続けているツアーです。