家はメチャクチャ

2歳児が家にいれば、どうしたって子供の事が中心。

本読みが私は好きなんだけど、1ページどころか1~2行しか読めない日がほとんど。

 

以下は昨日息子に読んであげてる途中に「おわり」と本人から言われ取り上げられた本

f:id:hattatsusyougainoisya:20200305060819j:plain

 でもその日その時の表情や声、リアクションは帰ってこない一期一会のモノだと思うとすっごく貴重な気もするし、大事にしなきゃっていう気になる。

 

限りある時間、あと何年自分が生きられるか誰しもわからない・・・

ふと、人は何のために生まれてくるのって考えることが、答えなんてないってわかっていても、やっぱりある。

 

仮に楽しむためにわずかな年月、この地球にやってきたのだとして、何も成し遂げなかったとしてもいいんだなぁと、そんなことを息子を見ていると感じるのだ。

ただ、存在し、自分を生きてくれさえしたらそれだけでいい。

 

親になっちゃったなぁと感じるのは、この子が成長するなら、私は少しずつ衰えていきたいと思うようになったことかな。

 

内面は死ぬまで成長したい気持ちもあるけど、どんどん衰え壊れていきたいような・・・

 

もちろんやらなきゃなんないこともまだ沢山あるんだけど、人生を山登りで言うなら、もう上には向かっていないような、ゆるやかな下り坂のような・・・

 

ゆっくりいくか。

 

PS;何度でも言いますが、コロナウイルスで大騒ぎですが、こういう時こそ、日々の当たり前の日常をしっかりと送ることです。落ち着いて毎日の当たり前のことをするのです。ひとりひとり(自分も含めて)、自分のできることをやるのです。決して浮足だってはいけませんよ。