もやもや病への処方せん

脳血管の疾患にもやもや病というのが実際にあります。

しかし、そのもやもや病のことではありません。

 

心のもやもや病のことです。

私が勝手につけた造語です。

 

この心のもやもや病は(誰もが経験のあることかもしれませんが)、一度入り込むと出てこられません。

 

そんなときによく効く言葉の薬を処方いたします。

 

まず頭で考えることをやめることです。

あえて答えを出さない勇気。

曖昧なまま、ほっとく勇気が大切です。

 

そして頭で考えるのをやめたなら、あとのことは身体に任せます。

まぁ言うなれば、行動あるのみ。

 

身体が勝手に動いてしまう、手が勝手に出てしまうことから着手するのです。

 

『わからない時は前に出る』と私の恩師はよく言っておられました。

その通りだと私も思います。

身体はちゃんとわかっているはず。そう信じていい。

 

有名なシャロン博士はこう言っています。

『わからない問題にぶち当たった時は、頭で考えちゃダメ。日が暮れちゃうわ。

もっと下で考えるの。

楽しい方を、ワクワクする方を選びなさい。』

 

もちろん、宇宙兄弟シャロン博士です。

 

世の中何が正しくて何が正しくないのか、白黒つけられることなんてそう多くはない。

むしろほとんどが程度の問題です。

つまりはグレー。

 

何かの参考にしてみてください。

そしてぜひ動いてください。