自分の信じる道をゆく

道
医療はいつから論理一辺倒になってしまったんだろう?

エビデンスやデータもそりゃ大切だけど、確率の問題です、どこまでいっても。例外はいくらでもあるんです。

人が人を治す、人が人を癒すということは、そんなちっぽけなもんでしょうか・・・

そんなに論理で通せるはずがないのに、なんで論理ですべてを片付けようとするんだろう?

言語化、数値化、論理化、それと訴訟対策・・・
そんなものはクソくらえです。

この患者を、この家族を俺が何とかしてやる、なんていう気持ちは思い上がりかもしれませんね・・・

でも長い年月、診つづけることで、信頼関係を作り、何かをお互いが感じ、何かを知り、何かできることをさぐる。

これからは、こういうことを数十年にわたってやるつもりです。