勤務医と開業医

fig-020
勤務医と開業医。

外来で患者のために何かをするということは同じです。

でも私が思うに、決定的に違うところが2つあります。
①リスクを背負う覚悟が全然違うこと
②お金への意識

②について説明します。
良い悪いの話ではなく、開業医は商売の要素が入ります。
そして私はそれこそが、医者が立ち直るために必要なことだと思います。

市場に出て、患者が医者のしてくれたことに対して、自分の財布から、必死で稼いだお金を払う

そのことを医者が知らなすぎるから、ソ連みたいな社会主義のなれのはてみたくなってるんでしょう。
だから、患者が来ると、うれしいよりも面倒くさいみたいな気持ちになるんでしょう。

患者を診たくないなんて、はっきりいって、じゃあなんで医者になったのって感じです。