商談

WIN_20160303_04_51_56_Pro
WIN_20160303_04_52_01_Pro
WIN_20160303_04_53_19_Pro

本日は某企業と商談です。

多分きびしいだろうなぁと思います。
あ~、気分が重い・・・とっても重い、行きたくないよ~(笑)

医者って、ハッキリ言ってお金の感覚が丸っきりありません!
特に問題なのは、自分の診療がいくらなのか全然知らないことです。

他の職種でこの商品の値段がいくらなのかを知らないで売ることは有り得ないと思います。
でも、20年以上働いているお医者に心臓エコーの値段がいくらなのか聞いて歩きました。
なんと知っている医者は10中1人でした。

薬代でこの患者さんは月いくら払っているのか?
この検査をして、今日の会計ではいくら払うのか?

医療に競争原理や市場原理が強く働くのはどうかと私は思います。
でも、いくらなんでも、この診療でおおよそいくらかも把握してこなかった自分には反省しています。

まぁ、救急医はいいでしょう。
でも、私は地域で働く医者なんです。
だから、この患者さんがどういう生活をしていて、切り詰める所は我慢して、子供や孫にどういう思いをしてお金を出していて、この診療にどういう思いでお金を払っているのかを、もっと真剣に思いやらないといけないと思っています。

お金の力を知らなすぎたのかもしれません・・・