眠れません

WIN_20160130_06_15_36_Pro
久しぶりに眠れません(泣)。
長い夜です。
時間つぶしに文章を書いてみます。

私は医者だからなのか、死についてよく考えます。
いつまで自分が生きられるのか、いつ自分が死ぬのか。
それは誰にもわかりません。

私の祖母は晩年、よく私に言ってました。
「お迎えがくるまでは生きてなきゃな」
肩や膝の痛みに耐えながらの晩年でしたので、特に最期の5年間くらいは、早くお迎えが来る日を待っているようでした。

やることもやり通し、やり残したこともない様子でした。
子供を4人育て上げ、夫を見送り、「お前が医者になるまでは生きてられたらな」が口癖でした。

今でも祖母が隣にいたら、私に何というだろう?

う~ん。

「また来いなぁ」しか聴こえませんが・・・

やっぱり、私は私自身の心を最期まで信じていたいです。

今の私の心に何度も問いかける。すると、欲していることはそんなにはないんです。

周りの人の笑顔がほしい。1人でも笑顔にしたい。

そのために自分には何ができるだろう?
小さな1つ1つを今からまたやってみようと思います。
もう朝だし。

やり過ぎる傾向があるので、ぼちぼちね(笑)。