天才

ブラック・ジャック
10代の頃はブラック・ジャックに憧れました。

夢はもちろん、ブラック・ジャックのような医者になることでした。

私も天才だったらどんなに良いかと思います。

いや、しかしこの際、天才かそうでないかなんてどうでもいいことです。
たとえ、どんなに小さくても、自分の才能を信じるしかありません。
そして、人のために一生懸命汗のかける男になりたいです。

たくさんの人が自分に託してくれた想いに応えるためにも、小さな自分の才能を信じます。