医者になったわけ

BlogPaint
私が医者になろうと思ったのは、小学六年生の時です。

当時の恩師が、筋ジストロフィーという病気だったからです。

私が18歳の冬に亡くなりました。

いつも医者にだけはなるなと私に言ってました。
もしも死後の世界があったら、その時は、報告に行くつもりです。

「やっぱり医者になっちゃったよ」とね。

たぶん怒鳴るんだろうけど(笑)。