運命

3・11
東日本大震災の当日、3月11日の夜9時に、私は福島空港に医師として向かいました。

原子力発電所の爆発が起こるまでの4日間、自衛隊と一緒に空港で寝泊まりをしながらの救援活動でした。

とても言える状況じゃなかったけれど、当時、実は私はやっと研修医1年目でした。

この震災によって、私の人生もまた変わりました。