荷物をおろせる場所

2016082409300000
久しぶりに婦中町に来ました。ここに来るとなんだかホッとします。

ボロボロの状態で富山に戻ってきた私にとって、心から休まる場所でした。
この町で暮らした2年間が私を立ち直らせてくれました。
ここに来ると本当にホッとします。

はじめ、クリニックを開業する場所に婦中を考えたんです。
でも、こんなにも自分に優しい町は自分がどうにもこうにもならなくなった時に戻ってこられるように戦場にしない方がいいと思ったんです。

ハッキリ言って今の毎日は戦場です。
それなりに背負うものもあれば、守らなきゃならないものだってある。

だからこうして背負っている荷物をいっときでもおろせると、お腹の中から休まる感じです。

涙が出そうです・・・