あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

もう一度、何度でも

images[4]
打ちのめされた時にはこの人の歌を一人で聴きます。今朝は朝から何度も歌う人を聴いています。

詳しくは書けませんが、昨日からある患者のことを考え続けています。これからの年単位にわたる病との闘い方、付き合い方、家族や周りの体制のこと、本人との向き合い方・・・

長くて険しくて、そしておそらく結果が大切なんじゃない闘い。人間としての尊厳やプライドをかけた闘い。

本当は闘いじゃなくて、失われていくことはわかっていても、それでもどうにか守りたいものへのあがきにも似た取り組みなのかも・・・

泣きながら苦しみながら、それでも前に進まなきゃいけない時。この曲を聴きながら自分の背中を押しています。

歌う人

歌えることが命 伝えることが魂
私には声 それぞれ何か授かった理由がある

人はみんな役目をもって 果たすために生まれてきたの
誰かのために頑張る姿をさらけ出して生きていくのよ
なぜこんなにも生きてることは愛おしいの?
生きてるってことなの?

どんなに小さな花も誰かの心 癒したでしょう
恐い事はこの存在自体を忘れ去られてしまうこと

心の中で咲き続けるために この生涯をかけて種をまくの
どんな花になるか いつの日になるかは わからないけど

今歌うわ 信じているから 私の声 響いて誰かに
人はみんな役目を持って 誰かのためにここにいるの

なぜこんなにも愛おしい感覚?
感じながら今 生きてるってことなの?