2016050919250000
いろいろ事情があり、妹が今日、富山に来ることになりました。
顔を合わせるのは本当に久しぶりです。

なんか今日は仕事の合間に昔のことを思い出していました。

20歳の時、私は家を出て、両国予備校の寮に入ったんですけど、その寮に大きなコピー機を妹が持ってきてくれたんです。あの日の午後のことを、なぜか今日はしきりに思い出しています・・・。

船橋駅から30分以上かけて大きなコピー機を手さげで持って、反対側の歩道で手を挙げている妹の姿を、今日はどうしてこんなに思い出すんだろう・・・

医者になって人のために何かをやろうとしていたあの頃の自分。
今、開業して、地域の人に何かしようとしている自分。
あれから10年以上たっているのに、根本はちっとも変りません。

これから妻や妹やスタッフと、地域の誰かのために何かをやろうと思うと、世界が変わったかのように感じます。

世界の手触りが優しくなるような、そんな感じです。