なつかしいなぁ・・・

01[1]
富山大学附属病院のホームページに私が載っているのを偶然見つけたので、ひっぱってきました。
一番左端が私です。大学の救急部にいた頃のものです。

詳しくは言えませんが、この日は夜遅く運び込まれた患者さんをこの3人で初療からあたりました。
この写真は手術室に入ってからの場面のはずです。写真なんて取られてるなんて全然わからなかった・・・

やれるだけのことはやりました。
もう10年も昔のことなのに、昨日のことのように思い出せます。

でもなつかしいなぁ・・・
このあと、この3人のメンバーで東日本大震災をむかえることになるんです。
そして、今は3人とも別々の地で医者をやっている。
あの1年で、みんな何かを受け取ったんじゃないかと思うんです。
少なくとも私は運命が変わった気がする。

人生は選択と教わって、それを私は信じていますが、でも選択できるのなんて本当はごくわずかな部分。
大部分は人知を超えた大きな運命のようなものを感じます。まぁ、大げさに言えば。
(平たく言えば、偶然のようなものかな。まぁ考えてみれば、そのほとんどが、その出会いも存在も、あらゆるものが、ほとんど偶然だもんなぁ)

今夜は何か不思議とあの頃のことを、あの年のことを、思い出しています。