あきらめずに追う

F17571C2-AB4C-42EB-9E0E-5F8907C25730
4月。
すっかり春になりました。

なぜかこの季節になると思い出します。
それは、つらかった春のこと。

繰り返した浪人時代の春。
自分だけが先に進めずに、晴れやかな同級生を横目に、うつむきながら向かう予備校の暗い部屋。

私が春に思い出すのは、そんな切なく、つらい思いで歩いた道のこと。

なぜに楽しかった春もあったはずなのに、そんな切なく辛い日を思い出してしまうのだろう?

今日も1日、亀のようでもいいから、わずか1ミリでもいいから、前に進みたいと思います。