あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

やりたいことは命がけでやった方がいい

B522419D-94FD-4EFC-9953-9CF532EA51B2
とこの本に書いてあったわけではありません。私が勝手に思っただけです。

わかる人にはわかってもらえるかもっていう淡い希望をもって、ちょっぴり勇気を出して自分の読書感想文的なものを記してみます。

命がけじゃないと楽しくない。私はそう思います。

私にとっての命とは、このクリニックに来てくれる人たちです。冗談ではなく、ここに来てくれる人がいなくなれば、私は生きていけない。

でも、だからこそ楽しいとも言えるんじゃないだろうか・・・

患者を診る、医学を勉強する、クリニックを掃除する、スタッフと力を合わせる、ブログを書く・・・

(最後のやつはちょっとどうでもいいかもしれませんけど)あらゆることが、その先に来た人に喜んでもらいたいという想いがあって、しかもそれに命がけで取り組める。
すごく幸せだし、すごく楽しいです。

バイオリンがまだまだその域にまで達していないのは、言い換えればまだまだ楽しくないのは、命がけじゃないというか、要するに生活がかかっていないからだと思うんです。プロとアマの差というか、そこが趣味の限界というやつでしょう。

でもクリニックは違います。
生活というか、命というか、人生というか、とにかく私の全存在がかかってる。

よく光と影は寄り添うものといいますが、危機感と楽しさは表と裏です。 

死ぬ覚悟ができているなんて気安く言えないけれど、もう生きていくことができないと思ったことが私にはあります。
そして、その時の気持ちを自分は生涯忘れることはないんじゃないかと思います。いやもしかしたら、忘れたくないのかもしれません。

ともかく私はその気持ちを、いちど死ななければ生きていけなかった時のことを、生涯忘れたくないなと思います。