医師ときどき絵描き

富山県富山市にある内科クリニックの開業医。医療とアートを地域に届けたい!

3/9

3752644a-s[1]
3月9日。
今日は私の祖母の命日です。
私が小学生の時に亡くなりました。
くも膜下出血でした。

私の母は急いで実家の福島に帰りましたが、間に合いませんでした。
途中で「あぁ、今、逝ってしまった」というのがわかったと言います。

人にはそういうことも起こりうるのだと、私はこのことから学びました。
私の母がそう言ったので、事実に間違いはありません。
科学や医学では説明のつかないことは沢山ある。少なくとも現代の医学ではわかっている部分の方がはるかに少なく、わからないこと・解明できていないことのほうがはるかに膨大にある。

そんな中で私たち医者は仕事をしている。
そのことに私たち医者は謙虚にならなければならない。

でもわずかでも、できることがある。
それをコツコツやりたい。私はそう考えています。

今なら祖母のくも膜下出血を防げるかもしれない。そう思うこともあります。
血圧200台で放置している。そんな時代だったから・・・

私の感じでは、今でもどこかで生きている、そんな感じがします。
それが空の上なのか、私の胸の中なのか、それはわからないけれども、確かにそんな気がするんです。

どこかで見ていてください。いつかまた会いましょう。
それでは、また。