若いころの苦悩も今となっては

f:id:hattatsusyougainoisya:20200110120151j:plain

どこかの誰かが、我が子のためには美田を残すなと言ったそうです。

 

まぁ、たいてい遺産相続にろくなことがない事を誰もが知っている。

しかし、私はコレにも思いっきりつまずいた。いや苦しみまくった(笑)

 

医者として開業を夢みていた若かりし私は、お金が欲しいという気持ちもどこかにあった。加えて、父や叔父たちも私にいろんなことを言った。

 

今となってみればどうということもない気がするが、私は苦しんでいた。

おじ達ひとりひとりに気持ちがある分だけ、余計苦しかった。

 

まぁ今更どうでもよいので以下省略して、

結局わたしはなんにももらわずにゼロから富山で開業することにした。

 

それが結果的に本当によかったと思ってる。

 

妻も(それに関しては)ほめてくれるから私もちょっと誇らしいし、なにより息子に威張れるなと・・・

父ちゃんはゼロから富山でこんなクリニックをつくったんだぞって(笑)

 

まぁ、とにもかくにも、何にも持たずに富山に来て、こうして人に恵まれて、私は本当に幸せです。