2019ウインブルドン 終わり

f:id:hattatsusyougainoisya:20190711054551j:plain

負けてしもうた・・・

ダイジェスト版で試合を見たけど、ちょっとこれは勝てないな。

錦織は全然悪くないんだけど、フェデラーがやっぱり一枚上を行ってしまう・・・

 

でもなんか試合後の二人の表情を見ていると、もう勝ち負けじゃないような気がした。

錦織もなんか少しうれしそうな顔に私には見えた。

 

本当は勝ち負けじゃないっていうこと。

二人の姿を追いながら、そんなことを考えていた。

 

技術でいうなら常に上には上がいる。そうじゃない人は理論上は1人しか存在できないことになる。

でもレベルじゃなくて、人間同士の間に生まれるものを大切にできるのなら、そこにはその人たちだけのかけがえのないものがあるんじゃないかと、自分が一生をかけようと決めた医療とダブらせて試合を見ていた。

私の毎日の診療は二人に恥ずかしくないものであるのか、とか・・・

 

まぁ、全然関係ないかもだけど・・・

それでも私は二人に恥ずかしくない外来を、毎日を積み重ねて、生きていきたい。

錦織もフェデラーも、ナイスガイすぎる。

素晴らしい試合をありがとうございました。

次は夏の終わりのニューヨーク、晩夏のドラマを楽しみに夏を過ごします。