医師ときどき絵描き

富山県富山市にある内科クリニックの開業医。医療とアートを地域に届けたい!

ある医師の僕物語3

大学6回生になり、国家試験を半年後に控えた9月最初の月曜日。

私は実家から車で富山に向かっていた。

 

卒業試験を翌日に控え、午前中には大学に戻り勉強するつもりだった。

 

長野県佐久市の高速道路で事件は起きた。

なんとスピード違反のカメラがオレンジ色にまぶしく光り輝いたのだ。

 

まさかの50キロオーバーだった。

 

免停90日、罰金10万円、裁判所行きというトリプルセットだった・・・

 

富山でこれから国家試験をパスし、研修医生活に入る者にとって免停90日はまさに地獄の入り口であった。

 

しかし、本当の地獄がこの長野県での僻地勤務3年間に待っていようとはこの時は夢にも思っていなかった。

 

私はこのこの3年後、研修医を母校で終えた後、千葉大学附属病院を経て、長野県の僻地、大町に赴任することになる・・・

 

つづく