初銀座

初めて銀座の画廊を回った。

3時間くらいかけてクタクタになりながら回った。

そして1枚の絵と出会った。

 

この日、私は自分がなんで絵を描いているのか、わかった気がした。

別に上手くなくていい。カネにならなくていい。

美人が描きたかったわけでもないし、賞を取りたかったわけでもない。

 

ただ息子を描きたかったんだ。

息子をみつめて、息子の一瞬一瞬をこの眼に焼き付けたかった。

 

これからも絵を続けていく。

息子の絵を描いていこう。

 

シルクランドさま、どうもありがとうございました。

この絵を見た時に、目の前がぱぁーと拓けた気がしました。

また遊びに伺います。