開業はフルマラソン

表題の言葉は私が勤務医から開業医になる時に、先輩開業医からもらった言葉です。

 

「お前、フルマラソンを走るんだってな。いいか。開業はフルマラソンだ。」

 

その真意を想像するに、長い長い闘いなんだぞということでしょう。

その当時(今から約3年前)は「最初から飛ばすなよ。息切れするぞ。」ということだと思っていました。当然、私は無視して思いっきり全力疾走でスタートしました(笑)

 

ですが、今はちょっと違う印象を持っています。

開業がフルマラソンであることは疑いようのない真実です。

 

だからペース配分は当然大切です。私の真似はしない方が良いでしょう。

ですが、近頃はもっと別の意味があったのではないかと思うようになりました。

それはいかに毎日に楽しさを見出して行くかということです。

そのことを先輩は言いたかったんだと思うんです。

 

この3年を10回、20回と続ける自信が私にはあります。

それは患者さんに、スタッフに、この富山の大地にささやかな楽しみをいくつも見出しているからです。

 

そして先輩は表題のセリフの後にこう言ったんです。

「でも、お前は開業医、ぴったりだもんな」

 

もちろん、私は開業医になって良かったと心底、思う毎日を過ごしてます!