あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

ちょっとついでに

思いついたので書いてみます。

 

今ブログのあまつぶ園の花や木を見ていたら思ったことがあります。

 

つい最近、盆栽美術館に行きました。

そこには松やもみじのすっごく大きくて立派な盆栽がありました。

そして自分はこう思ったんです。

やっぱりお金だな。お金をかけたらこんなにすごい木が買えるんだもんな・・・

 

でも今ブログで、そして今日の朝、冷たい空気の中、薄暗い朝焼けの中、健気に生きているやつらを見ていたら、それは違うんじゃないかと思えてきました。

 

不恰好で小さくても、必死に生きようとしている。むしろ見て見てどう?みたいな感じにちゃんと自分の生を生きている。

いや、むしろその小さいことになんとも言えない愛おしさすら漂わせながら、やがてくる冬に向けてそれぞれ準備を始めている。

 

それに比べて、自分は見てくれの大きさに惹かれ、お金があったらと思う卑しさ・・・

確かにモミジはもっと大きいやつが隣にあってそっちが買いたかった。

ローヤ柿の隣に普通の柿の木があって、そっちが買いたかった。

糸魚川真柏は美術館のやつは白いところもあったり、うねっていたり、ぶっどい幹でそれにひきかえなんじゃこの踏んずけてしまいそうなやつらはと確かに思った。

 

でも今は、こいつらを、なんとか俺が工夫して、しっかりと見てもらえるように置き場所やインテリアを工夫して、可愛く、健気に生きさせてやりたいなと思えてきた。

 

これから自分は大きな花木じゃなく、小さな小品盆栽を買いに行く。

そんな風に今は思える。