あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン97

母は「痛ぇ、痛ぇ」と言った。

会うたびに、話すたびに痛ぇと言った。

大学後半からの数年間で母との会話で覚えているのは、手が痛いだけ。

それ以外の内容は本当に何も覚えていないのだ。

おそらく母も、そして論外くんも病んでいた。

 

論外くんは母が大好きだった。

間違いなく、論外くんは日本一を争えるレベルのマザコンだった。

 

今でも忘れない光景は、ベランダで洗濯物を干しながら笑顔で見送ってくれた光景。

この場所で開業医になりたいと思っていた。

 

そんな論外くんの背中を父は押し出してくれた。

 

最初はふるさとがなくなった感じがして寂しかった。

でも今ではあらゆる意味で感謝している。

 

論外くんにとって一番良かったことは、母の痛ぇを聞かなくてよくなったこと。

痛い、痛い、もう死にたいという母の言葉が論外くんを極度に緊張させていたのだろう。

 

あれから4年。

論外くんは緊張から解放された。