あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン86

論外くんは警備員。

 

夜勤。

その日は国道6号線の工事現場。

一番若い論外くんは必然的に一番悲惨な配置に回される。

 

その日、みんなは明るい国道内だった。電灯もたくさんあるから少しは暖かい。

この時は12月。背中にカイロを貼りまくっても寒くて寒くて寒い。

 

論外くんは今日はちょっとはマシかなと思った。

 

工事の人 「おい、論外。お前はこっち来い」

一人そこから離れた現場に車で連れてかれ、ドサッとビラを渡された。

 

論外くん 「なんすかこれ?」

工事の人「4トン以上のトラックがきたら渡せ」

論外くん 「どうやって?」

工事の人 「この押しボタンを押すんだよ!」

 

論外くんは言われた通りに最初の数時間をやってみた。

ほとんどの確率で怒られることが判明した。

 

「こんなとこで止めんじゃねーよ」

「こんなんいらねー」

「なんだって工事なんてしてんだよ」

「間に合わなかったらどうしてくれるんだ、てめーはよ」

 

論外くんはついに後でビラは全部捨てることにして、車に戻って眠った。

 

午前2時から朝6時まで眠り、国道に戻った。

そうして何事もなく、次の現場に直行した。

 

こうして論外くんの警備員時代は続いていった。