あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン77

その昔

 

論外くんの祖父 「ここは戦前から受け継いだ土地。ここは戦後に買い足した土地」

論外くん    「じぃも大変だな。いっつも畑仕事疲れない?」

 

長男      「我が一族の遺産は全部論外ものになる」

論外くん    「・・・(うひょー、俺ってラッキーかも)」

 

時は流れ、論外くんとっくの昔に大往生済み。

 

論外くんの息子 「そういえば親父のじいちゃんって農家で、たくさんの土地を残したんだって」

息子の妻  「へぇー。で?」

論外くんの息子 「なんでも、親父はそのお金で実家と喧嘩しちゃったんだって」

息子の妻  「アホらしー」

論外くんの息子 「ブチ。アホっていうな。親父だって頑張ったんだから」

息子の妻  「だってバカみたいじゃない。おじいさんもおばあさんも残った人のためにって思って残してくれたのにそれが原因で喧嘩するなんて。みっともない。ださっ」

論外くんの息子 「おっ、親父のヤツ、ブログなんか書いてやがったのか。論外くんだって。笑っちゃうな。」

息子の妻 「ふーん。ここみて。何にもいらないから元気でいてほしい。だって。きっとこれが、論外くんの思いね。」

論外くんの息子「親父のお父さん、つまり俺の祖父に、俺は一度も会ったことないんだよね。でもその時は祖父も老後の資金が不安だったんじゃないのかな。親父もはじめは相当借金したって話だからみんなお金がなかったんだろうな。」

息子の妻 「借金が原動力になった。だって。論外くんはそんな名言も残してるよ(笑)そして、なになに。お父さんに論外っていわれたことを途中からはとっても感謝していたみたいね。これを読むと。」

論外の息子 「親父のヤツ、よく言ってたよ。絶対にじぃとばぁの残したものをプラスに変えてやるんだって。何にも持たずに富山に来ちゃったけど、それが良かったなぁっていってたよ。」

息子の妻 「あんたのお父さんってナイスガイだね。あんたも見習いなよ。」

論外の息子「おうっ。」