あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン62

論外くんは医学生。3回生。

 

とにかくなんとかこの「みんな友達。医学生」から脱出する方法として論外くんが考え出した方法はアメリカへ渡ることだった。

 

よく調べる時間も惜しみ、すぐにStep1というアメリカの医師免許の勉強を始めた。

 

東京青山一丁目にあるカプランという予備校にも通った。

猛烈に勉強を始めた。

気づけば日本の医師国家試験は楽に通るような成績だった。まだ大学3年だった。

 

満を持して、東京の茅場町でStep1を受けた。

9時間の試験だった。

 

ラスト3時間か2時間という頃、過度の緊張からかちょっとしたことが気になりだした。

 

なんだったか今ではもう思い出せないが、テストセンターの人が最後に謝りに来た記憶があるから、おそらくちょっとしたコンピュータの不備で、それがアメリカに迷惑がかかったのではないかと気にしながら受けたような気がする。

 

論外くんらしい失敗だった。かつての高校受験の時計事件を彷彿させた・・・

不合格。

確か350問の試験であと2問足りなかった。

 

論外くんはアメリカ行きを諦めた。