あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン46

論外くんは小学生。入学式。

 

その日のことを鮮明に論外くんは記憶していた。

なぜならその日はプールの日で、入学式が長引くことを祈り続けて式に参加していたからで、もちろん入学式の内容は全く頭になく、完全にそっちのけであった。

 

論外くん 「ねぇ、ねぇ、今日はプール行けないよねぇ」

母    「何言ってるの。行けるに決まってるでしょ。」

論外くん 「・・・」

 

むろんプールに行かされた。

 

次の日は大雪。4月の大雪は長い論外くんの人生の中でその日だけである。

帰り道、事件は起こった。

 

担任 「ハーイ、名札に色紙を入れておくから、その色のついたところに並ぶように。先生と一緒に帰りまーす。」

論外 「わては黄色か・・・」

 

ステステステ・・・

 

担任 「じゃあ、出発しまーす」

 

ところが論外くんは家と逆方向に連れていかれた。先生が色紙を入れ間違えたのだ。

 

担任 「家が近くなったら言いなさいって言ったじゃない!」

論外 「だって、家がだんだん遠くなります。」

担任 「えっ・・・」

 

これが世にいう、おうちがだんだん遠くなる事件である。論外くんの波乱万丈の小学校ライフがはじまろうとしていた。つづく