あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

あまつぶQ&A

Q:「とにかく親身になって診療してくれるいい先生らしいね。おじーちゃん(原文ママ)に聞いた。」

「親身になっとるフリなんて簡単やからね」

「診療時間30秒だったけど?」

 

A:おじーちゃん、どうもありがとうございます。できるだけ、誠実に診療に当たるように毎日、毎回、自分に言い聞かせてやっています。忙しくなると、どうしても雑になってくるから。

 

親身になるのと親身になっとるフリはどう違うんだろう?難しいところですよね。結局、辛いのは医者じゃなくて患者さんなのは事実な訳だし。

 

例えば、夫婦ともに通っていてくれたけど、奥さんをこの春に亡くされた高齢の男性は毎月、一人で通って来られます。そして必ず、診察室で私の手を握って泣きます。

 

優しい言葉も見つからない時は、ただ黙って握り返すだけの時もあります。

それは親身なのか親身になっとるフリなのかと言われると、どっちなんだろう。

 

結局、当事者にしかわからない苦しみや寂しさというのは確かにあると思う。

その年齢になって見なければわからないことだってあるはずだし。

 

私が思ってることは、ただただ自分にできることをやろうってこと。

いくら考えたって、思いを馳せたって、やっぱり1回1回の外来がどうなのかということが大事だと思います。

 

30秒だった方。ごめんなさい。