あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン16

2017年。

 

時は流れ、論外くんも人の親となりました。

その日は雨が降っていました。しかし、子どもが生まれる時には雨がやみ、晴れわたる青空となりました。

 

生まれた年も自分と同じとり年。

しかも、天才は冬に生まれるという本もあった。

厳粛な(感じのする)日。

 

論外くんは、なんか自分の子は神に祝福されている気がしました。

(すべてこじつけ)

 

論外くんは午前中の診療を終えると、飛ぶように病院に向かいました。

病院の待機所で妻の母と2人で待ちました。

 

12時3分に生まれ、新生児室に連れられてきました。

そこに、よそのベビーと一緒に並ぶ息子。

論外くんはうちの子が一番かわいいと思いました。

 

奥さんは泣いていました。お母さんも泣いていました。

午後の外来があるので、奥さんを見届けると、自分のクリニックにもどりました。

 

車の中で、論外くんはこうつぶやきました。

「うちの子、特別かわいいねん。」

 

どの親もきっと、みな同じことを思っていることでしょう・・・