あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

『論外くん』シーン2

小学3年生の大運動会。秋。

 

その当時は9月の下旬の日曜日に秋の大運動会が行われていた。

 

前日の土曜日。

やる気満々の論外くんは、何としても徒競走で一番になりたいと思いました。

 

そこで思いついたのが、『身体を少しでも軽くすれば速く走れるはず』というアインシュタインなみの発想でした。

 

論外くんはすぐにお風呂を沸かしてもらい、思いっきり石鹸をタオルにつけて、ゴシゴシごしごしと、普段の10倍は丹念に身体を洗いはじめました。

 

やっとお風呂からあがり、少しでも寝た方が有利であると思いふとんへ。

 

眠れるはずもなく、緊張してほとんど眠れなかった論外くん。

しかし、そんなことを気にする論外くんではありません。

 

やる気は朝からMAXです。

朝の学校までの登校も、なぜか全力疾走。これも練習になるはずと間違った思い込み。

 

そして待ちに待った徒競走。

 

いちについてよ~い、ドン!

 

スタートはばっちり。

ところが横目に次々と抜かれます。

カーブを曲がりラスト一直線の時点で、もはや断トツのびりっけつ。

 

くやしさと恥ずかしさが入り混じった論外くん。

ゴールまであとわずかのところで、どういうわけか足がもつれて前のめりに・・・

 

ゴール寸前の場所でのたうちまわる、論外くん。

膝から出血し、文句なしのビリでゴールしました。

 

そんな秋の一日もありました。