医師ときどき絵描き

富山県富山市にある内科クリニックの開業医。医療とアートを地域に届けたい!

第3作品『明日へ』①

f:id:hattatsusyougainoisya:20180722143143j:plain

7月22日 日曜日 快晴

何の予定もない日曜日。

喫茶店にコーヒーを飲みに朝の7時から出かける。

司馬遼太郎の小説を2冊読み、ホリデイにお風呂入りに行き、帰ってきて昼寝をして、午後は絵を描いている。

こうして文字に起こすと、なんて幸せ者なんだろうって感じに響きますが、こうして誰とも会わない日は、私にとっては試練の日。

 

平日、たくさんの患者さんと話している日には気づかない気持ち。

胸の奥に息づいている苦しい気持ち。

何年も帰っていない場所。何年も会っていない人。

 

いつか息子もこんな切なく苦しい気持ちを感じる日が来るのだろうか・・・

でももしそんな日が来たら思い出してほしい。こうして同じ思いを感じながら、私も生きてきたんだよ。

そしてどうかそのさびしさを力に変えて、多くの、いやたった一人でもいいから、誰かの役に立てる人になってほしい。

 

とても暑い夏の日。将来のあなたにとっては記憶にない、いつかの夏。

ある曲を聴いては、描き、聴いては描きを繰り返した夏があった。

 

その曲の一部を書いておきます。いつか聴いてみてください。

前を向くそれだけでもつらいことが時にはある

それでもあなたは進むことをあきらめないで あきらめないで