あまつぶ内科

富山県富山市にある内科クリニックです。院長が『自分を表現したい』とはじめたブログです。

高校時代のこと。少し語ろうと思います。

f:id:hattatsusyougainoisya:20180607071747j:plain

ご存知の方も多いと思いますが、私は高校中退です。

だから母校と言えるのかはあやしいですが、ともかく2年間通った高校です。

千葉県立柏高校。写真がそうです。

 

選んだ理由はTTCという通っていたテニスクラブから近かったから。

私は高校時代、本気でプロのテニス選手になろうとしていました。

 

だから私か高校で思い出すことはテニスしかありません。

勉強も恋も全くない。テニスしかない。

それくらいテニスに夢中でした。

まぁ、はっきり言ってプロになるには程遠いレベルです。

でも確かに本気でした。

 

私が高校で学んだことは、本気でやるとはどういうことか。

実力やレベルいうのは相対評価。

他人との比較だから、どこまで行っても上には上が必ずいる。

地域で一番。県で一番。日本で一番。世界で一番。

 

でも本気かどうかは自分との闘いです。

相手が誰であろうと関係ない。

 

高校での私のテニスはせいぜい県大会レベル。

でも、とにかく本気でした。プロになるんだと。

私は脇目もふらずに必死な人が大好きなんです。自分だってそうありたかった。

 

もうテニスをすることは生涯ないでしょう。その意味では全くの無駄でした。

でも本気ということがどういうことなのか。

医学のプロとなった医師の仕事でも全く同じです。姿勢は何も変わっていません。

 

自分のできることを本気でやる。

1つでも2つでも、本気でやる。

そしてそれをコツコツ、コツコツ、1日1日と継続する。

 

そこには誰かの眼を気にするヒマはありません。

他人からの評価なんて1ミリも入ってきません。

そんなのは結果にすぎません。結果はただ受け入れるだけです。

結果には自分が変えられる要素は1個もない。だから私の興味はゼロです。

 

それよりもあの高校時代の本気に、今の本気は負けてないだろうか。

そんなことばかり気がかりです。

 

あの頃の自分に負けないように、今日に全力を叩き込みたい。

そう思って今日を生きたいです。