医師ときどき画家。

富山県富山市にある内科クリニックの開業医かつ画家。医療とアートを地域に届けたい!

フェルメール

フェルメール
この真珠の耳飾りの少女の本物を見るチャンスがあったんです。
千葉市に住んでいた時のことです。

それなのに、妻と大喧嘩して(というか、私が勝手に癇癪を起して)、
「俺は行かない!一人で行ってこい!」となって、
妻だけ寂しく観に行かせてしまいました…

このターバンにも青が使われているように、青がものすごく好きだったそうです。
そして、その青い絵の具がものすごく高くて、この絵の具代でフェルメールは破産したと言われています。

正確には破産したのは彼ではなく、彼の奥さんです。

フェルメールが43歳でこの世を去った翌日、奥さんは自己破産の申告をしに役所に行きました。

現在のこの絵の価格を知ったら、奥さん、びっくりするだろうな・・・