研修病院

unnamed
医師国家試験を終えたかわいい後輩があいさつに来ました。お疲れ様でした、これからだね!

いつか何かの参考になるかもしれないから、書いてみます。
医者が研修でどう力量をあげていくかについてです。

私の経験上、一番成長スピードが遅いのが大学病院です。
逆に力がつくときというのは、僻地の病院です。写真の大町病院のような!

なぜかというと、医者がいなくて、研修環境なんて何それって感じで、裁量権がほぼ全権与えられるからです。
患者への全責任が発生しますが、大学病院と一人の医師がもつ医師決定の数が比べ物になりません。ゆえに、ものすごい高スピードで成長できます。

初めは大学病院からのほうが安心かもしれませんが、一番医者が成長する時は、失敗した時なんです。
セミナーとか学ぶ環境とか、いつまで寝ぼけた事をいっているんでしょう(笑)

私の指導医のN先生は始めてあったときにこう言われました。
『研修医じゃなくて、内科医として来てもらったからそのつもりで』

教える人がいないと伸びないと思っている人が多い気がしますが、教わるのは研修医の2年間で終わりです。
本当に伸びるのは、自分しか判断を下せる人がいない環境で患者を診るときに、はじめて本気が出て、伸びるんだと私は思います。

あまり大きな声ではいえませんが、夜の救急室で外科のT先生になんども諭されたのが懐かしいです。
『仏さんに育ててもらうんだ』と。

富山大学はチームで診ますとよく言ってます。でも僻地はチームを組む医者がいないんです(笑)。もちろん主治医制です!
でもチーム制の欠点は、成果も責任もリスクも問われないところです。だから気楽だけど、苦しまなくていいけど、成長も遅いです。

医者がいなくて、看護師だけはやたらいて、『先生指示出して』と怒鳴られ、ぐちゃぐちゃの環境の中で患者を治していかないといけない病院で私は一人前になったんだと思います。

私が一番成長したのは、間違いなく大町病院だったと思います。